スポンサードリンク
スポンサードリンク

ブロードバンド接続

光ファイバのプロバイダは、新たなネット接続方法として、近年徐々に各家庭に広がっています。
光ファイバのプロバイダ以外の接続方法としては、ちょっと前まではダイアルアップによる一般電話での接続や、ISDNによる接続が多かったのですが、最近では接続方法の種類が増えたことにより、「ブロードバンド接続」としては、ADSLや光ファイバのプロバイダを選ぶ利用客がが増加しているようです。
光ファイバケーブルとは、二重構造の繊維であり、それによって光を通していくというケーブルです。コンピュータによる信号を「光信号」に換え、光ファイバをとして送られる、という仕組みとなっています。

 【フレッツ光】Bフレッツ(東日本)/光プレミアム(西日本) +電話加入権(NTT電話回線)+プロバ...

より「高速」を求めて

光ファイバのプロバイダが好まれる理由としては、他のADSLなどの通信方法と比較して、長さなどの距離に通信が影響されないことや、ノイズの影響を受けない、そしてなによりも高速通信である、ということなどが挙げられるようです。
光ファイバのプロバイダ加入についてのデメリットとしては、申し込みから光ファイバ開通までの期間が他の接続方法と較べて長いことと、月額利用料金がやや割高であるということが挙げられます。
そのようなデメリットもありながらも、いつでも高速通信が楽しめるというのは、現代のネット環境としては、大いに好まれる理由となっているでしょう。今の時代は、「高速」に慣れてしまい、「高速」である、ということが当たり前のようになってきましたので、より早くネット環境が見られるか、というのは、インターネットを使う際での外せないポイントとなりますね。

高品質な映像や音楽などを楽しめる

光ファイバのプロバイダ加入は、近年増加傾向にあります。光ファイバのプロバイダとしては、電機メーカーの「SO-NET」や「BIGLOBE」、NTT系の「OCN」などがよく知られています。
他にも、USEN提供の「Gyao光」や東京電力のケーブルテレビを使うなどが、新しいプロバイダ選びの際に注目となっています。
光ファイバのプロバイダは、現在のADSLなどから「乗り換え」というパターンでの新規ユーザーを募集をしていることがあります。割引きサービスなどを行って新規ユーザーを獲得するように各社それぞれアピールをしているようです。
高品質な映像や音楽などを楽しみたいユーザーにとっては、高品質で高速である、光ファイバのプロバイダを選ぶことは必須なのかもしれませんね。
光ファイバのプロバイダは、これからも新規ユーザーの乗り換えなどを期待することにより、新しいサービスなどを提供していくと思います。それぞれの長所を見比べて、ご家庭に合った光ファイバのプロバイダを選ぶと良いでしょう。

光ファイバのプロバイダ